タグ別アーカイブ: Google Apps Script

Google Apps Scriptでお手軽RSS配信サービスを作る

| コメントをどうぞ

Google Apps Scriptで簡単なRSS配信サービスを作ってみました。

仕様

  • スプレッドシートを読み込み、行データを RSS の item 要素として出力
  • RSSタイトルはスプレッドシート名を利用
  • XML出力はテンプレートを利用(出力内容をカスタマイズ可能に)

続きを読む

Google Apps Script でガジェットを作成してみる

| コメントをどうぞ

前回に引き続きGoogle Apps Script活用のお話ですが、今回はGoogle Apps Scriptを使って簡単にガジェットを作成してみたいと思います。

Google Apps Scriptで作成したWebアプリをそのままinfoScoopにガジェットとして表示できたら便利ですが、X-Frame-OptionsというHTTPレスポンスヘッダにより他のサイトに直接表示することができないようになっています。クリックジャッキング対策のためだそうです。

x-frame-options:SAMEORIGIN

そこでJSONP(JSON with padding)の仕組みを使って、Googleカレンダーのイベントをガジェットに表示してみたいと思います。

続きを読む

Google Apps Scriptでデッドリンクチェッカーを作ってみる

| コメントをどうぞ

最近 Google Apps Script (GAS)  を触り始めまして。

勉強を兼ねて簡単アプリを組んでみました。以下仕様です。

  • 指定サイト内のデッドリンクを検出(href/@srcをチェック)
  • 発見されたら通知メールを出す
  • 指定間隔で定期実行
  • サイトの階層までは辿らない

続きを読む

Google Apps ScriptでSalesforceのイベント一覧を出力してみる

| コメントをどうぞ

前回の記事に引き続きGoogle Apps Scriptのサンプル作成ということで、今回はGoogle Apps ScriptからSalesforceのAPIを実行し、自分に関連するイベントリストをスプレッドシートに出力してみたいと思います。

続きを読む

Google Apps Scriptを触ってみた

| コメントをどうぞ

今回はGoogle Apps Scriptについて紹介します。

Google Apps Scriptとは

Google Apps Scriptはサーバーサイドのスクリプト言語です。
JavaScriptでプログラムを作成することで、Google Appsの様々なサービスに対して処理を実行することができます。

Google Apps Script — Google Developers
https://developers.google.com/apps-script/?hl=ja

Google Apps Scriptを触ったことない人は、以下のサイトが参考になると思います。

ドットインストール – Google Apps Script入門
http://dotinstall.com/lessons/basic_google_apps_script

トリガー

Google Apps Scriptの細かい説明は省略しますが、個人的に気に入っている機能である「トリガー」について紹介します。

トリガーとは、作成したプログラムを定期的に実行してくれる機能です。
定期実行する方法としては、Cronやタスクスケジューラなどがありますが、トリガーは数クリックで設定ができてGoogleが実行してくれるという手軽さがとてもよいです。

Alt

以下の形式で定期実行の間隔を指定できます。

  • 特定の日時
    • YYYY-MM-DD HH:MM 形式の日付
  • 分タイマー
    • 1, 5, 10, 15, 30分ごと
  • 時タイマー
    • 1, 2, 4, 6, 8, 12時間ごと
  • 日タイマー
    • 午前0時~1時, 午前1時~2時, … , 午後11時~午前0時
  • 週タイマー
    • 毎週月曜日, 毎週火曜日, … 毎週日曜日
    • 午前0時~1時, 午前1時~2時, … , 午後11時~午前0時
  • 月タイマー
    • 1, 2, … ,31
    • 午前0時~1時, 午前1時~2時, … , 午後11時~午前0時

このトリガーの機能を利用して、議事録ファイルを作成するスクリプトを書いてみました。
要件は以下の通りです。
続きを読む