カテゴリー別アーカイブ: その他

AWS EC2が本当に良いのか考えてみた

| コメントをどうぞ

先週の土・日・月とアメリカはラスベガスでEVO 2015が開催されましたね。
Eスポーツという分野において日本人選手が多く活躍するのはとても嬉しい限りです。
次は、冬のCapcom Cupでしょうか、楽しみですね。
どうでもいいですが、大きな大会の後になると新しいアーケードコントローラーが欲しくなります。
私だけでしょうか?
どうも、DiceK Mikamiです。
 
 
さて今回は、個人でAWS EC2を運用するにあたり、どれくらいコストをかければ良いかについて考えてみました。

個人でVPS環境を扱うとしても、正直ビタ一文支払いたくないものです。
とは言いましても、必要であるならばコストを支払わざる得ないのが現実。
AWSには料金シミュレーターがあるのですが、まぁピンとこないですね。
そうなると実際にお金を払ってみて、計測するしかないなぁということでやってみました。

環境:

  • t2.micro: インスタンス
  • EBS(マグネティック8GB): ハードディスク
  • EIP: 固定IP

その他の付帯条件:

  • OS: CoreOS(システムはDockerで運用)
  • ドメイン: お名前.comの年間100円のもの
  • 同時利用数: 10〜50(実測値〜想定値)
  • 利用目的: チャットシステム、コンテンツ(画像など)アップロードシステムの稼働

 

awsec2pay_001

画像は1ヶ月分の料金詳細です。
EBSやEIPなどは固定費用なので、料金の変動部分は主にインスタンス稼働による料金のみとなります。
目的として仲間内で週末にプライベートなチャット空間を利用するというところにありましたので、月4回/5時間程度といったところですね。
使用感としては、10人程度ならばマシンも悲鳴をあげませんでしたし、ネットワークが遅いということもありませんでした。
まぁ、個人で1万人オーダーくらいになるとネットワークが遅すぎてやってられなくなると思いますが、、、
使い方などにもよると思いますが、それほど極大なリクエストが発生しないようなシステムであれば、楽に運用していけるのでパフォーマンスはそれほど気にする必要もないかと思います。
 
 

結論

拡張性のあるVPS環境を600円程度(2015/07現在)で用意できるのは魅力的。
ただし、毎日のように使うパワーユーザーでそれほどITに詳しくないならレンタルサーバーで良い。
Dockerコンテナを運用できるレンサバが登場し始めれば、メリットが薄くなる。
やはり、AWSは大規模運用に限るということでしょうかね。

アメリカに行ってきました 〜Google編 前半〜

| 1件のフィードバック

初めまして

宮本と申します。現在はinfoScoop for Google Appsの開発をしています。今年の4月まではinfoScoop Cloud Enterpriseの開発もしていました。

これからinfoScoopの開発者としてちょくちょくブログを書いていこうと思います。宜しくお願いします。

アメリカに行ってきました

さっそく開発にはあまり関係ない話です。

11月6日〜12日の5日間で弊社Beacon ITが企画をしている海外IT動向研究会というイベントに同行させて頂き、アメリカのサンフランシスコに行ってきました。

その企画の中で、Googleさんの本社に行けるというなかなかめったにない機会がありました。

Googleの本社では、現地の営業の方(ローレンさん)にGoogleについての色々なことを紹介してもらいました。中でも印象に残った話を書いていこうと思います。

20% Time

ご存知の方も多いかもしれませんが、Googleの社員には20% Timeという自分の労働時間の20%の時間を使って、メインのプロジェクトとは別のプロジェクトを企画したり、自分のやりたい プロジェクトを探して参加したりする時間を設けなければいけないという規則のようなものがあります。プロジェクトの企画や参加は非公式に行われているそうで、募集なども勝手に掲示板などで募集をしてメンバーを集めたりしているそうです。

ちなみにGmailやGoogle Talkなどサービスはこの20% Timeから生まれたそうです。

うちの会社でもやらないかな〜とか少し思ったりもしたのですが、日本の企業では難しいのかなとも思いました。

Googleではうまくいっているのは、色々な要因があるとは思いますが、Googleの文化で「フラットな組織と、小規模なチームでプロジェクトを進める」というのが関係しているのではないかな〜と思います。それと非公式に行っているので、カッチリしたプロジェクトマネジメントではなく比較的カジュアルな感じでプロジェクトを進めているのも要因の1つかもしれません。

まぁこんな感じでGoogleさんはものすごいスピードで色々なサービスを生み出しているのですね。

ちなみに、80%のメインプロジェクトが火を噴いていたりしても20%の方はやるんですか?という質問をしたら、やっぱり80%を優先にして作業するそうです。ただ、Googleの社員はの大半は情熱を持っているので、120%で稼働することがほとんどとも言っていました。

結局プロジェクトを掛け持ちしているのとあまり変わらないような気がするのは気のせいですよね。

写真撮ってきました

施設内は基本的に写真を撮ってはダメと言われたのですが、外観などはOKとのことだったので何枚か撮ってきました。

Googleのオフィスの外観です。手前の像は誰だか分かりませがすごい人だと思います。

Googleには恐竜の骨もあります。元々はどっかの企業が使っていた施設をGoogleが買い取ったそうです。

ちょっと手前の柵でわかりずらくなっていますが、ビーチバレーコートです。社員は休憩時間にバレーを嗜みます。視察中もプレーしている人がいました。Google社員のジャンプ力はすごかったです。

今回はここまでにしておきます。

infoScoop開発者ブログ、始めます!

| コメントをどうぞ

3つのinfoScoopの情報を発信

このたび、infoScoopの開発者ブログを始めることになりました。

infoScoopは現在、infoScoop Cloud EnterpriseinfoScoop OpenSourceinfoScoop for Google Appsという3つのラインナップで展開しています。

この開発者ブログでは種類に問わず、infoScoopに関わるニュース、イベント情報、動向、技術ネタ、様々なことについてinfoScoopの開発者たちが情報を発信していきます。

どうぞよろしくお願いします。

Facebookもやってます

infoScoopはFacebookページもあります。そちらでも情報を発信しつつ、イベント参加の募集なども行っていく予定です。ぜひinfoScoopページで「いいね!」ボタンを押して参加してみてください。

infoScoopって何?という方は・・・

infoScoopって何?という方に、簡単にinfoScoopをご紹介しましょう。
ものすごーく簡単な説明は、Aboutに書きましたのでこちらもよろしければご参照ください。

続きを読む