作成者別アーカイブ: Shoji Nakata

Google Maps API マーカー画像

| コメントをどうぞ

Google Maps APIでは任意の画像をマーカーに使用することができますが、自前で用意しなくてもGoogleが提供している多数のマーカー用画像があります。
APIのリファレンスページには特に一覧がまとめられているところがなかったのでまとめてみました。
各画像のURLは画像を右クリックして「画像のURLをコピー」から取得してください。

マーカー:

続きを読む

PostgreSQLとOracleで緯度経度から半径nメートル内検索を実行してみる。

| コメントをどうぞ

昨今では各種データベースで地図情報を扱うジオメトリ型がサポートされています。
今回はその中からPostgreSQL(+ PostGIS)とOracle(+ Oracle Spatial)についてデータベースに保存された緯度経度から半径nメートル内にある対象を検索する方法についてご紹介します。

続きを読む

Google カレンダーの予定入力画面のURLパラメータ

| コメントをどうぞ

Googleカレンダーの予定入力画面は通常、以下のようなリンクで開く事ができます。

https://www.google.com/calendar/event?action=TEMPLATE
または
https://www.google.com/calendar/render?action=TEMPLATE

上記のリンクのように特に何も指定しない場合、デフォルトの状態で予定の新規入力画面が開きます。
このリンクは、URLパラメータにより件名、場所、説明、ゲストなどを指定することが可能です。

続きを読む

Gmailの検索機能あれこれ

| コメントをどうぞ

Gmailの検索、使ってますか?

Gmailは実に様々な検索機能をもっています。

標準の検索ボックスでは以下の条件を利用してメールを検索することができます。

  • From
  • To
  • 件名
  • キーワード(含む、含まない)
  • 添付ファイルあり
  • チャットは除外する
  • サイズ
  • 期間

しかし、実際にはもっと多くの検索条件を利用することができます。

続きを読む

java.util.Scannerクラスで構文解析を行ってみた。

| コメントをどうぞ

とある作業でREST APIを作成していたのですが、リクエストからいくつかの条件を受けてDBの値を検索するような仕組みが必要となりました。
ごく単純に実装するのであれば、以下の例のような感じで実装すれば良いかと思います。

例: ユーザーを名前で検索するような場合のエンドポイントとパラメータの場合
GET http://www.example.com/user?name=xxxx

・・・が。

しかし、上記の例では名前の完全一致で検索する場合はよいですが、

  • 前方一致、中間一致、後方一致についてはどうする?
  • 検索の条件値がnullや空文字列の場合は?
  • 複数の条件を ANDまたはOR条件で結合する場合は?
    などなど、アプリケーションでの要求仕様によりますがいかにも汎用性がありません。

そこでもっと汎用性を持たせたるためにGoogle AppsのAPIよろしく、

type=user and name like '%abc%' or name like '%def%'

というようなクエリ文字列をリクエストパラメータとして利用することにしました。

ただ、このような場合、送信されてきたクエリ文字列を解析し、検索対象パラメータ、演算子および検索対象値を正確に抽出する必要があります。
Javaの場合、高度な解析が必要なのであればBNFで構文を定義し、JavaCCにより解析プログラムを作成することになるのでしょうが、今回はより簡易的に実装を行うためjava.util.Scannerクラスを利用した実装例を紹介します。

続きを読む

EclipseのTomcat Loaderで各種ログファイルを出力する

| コメントをどうぞ

EclipseでWebアプリケーションを開発する際、Tomcat Loaderを利用しているのですが、デフォルトの設定ではTomcatの各種ログファイルが出力されません。

普段はあまり問題にならないのですが、デバッグの際にログファイルが必要になることがあります。
今回はEclipseからTomcatを起動する際のログ出力設定についてご紹介します。・・・と言うか自分の備忘録ですが・・・

続きを読む

MySQLのLOAD DATA INFILEで大はまりした話

| 1件のフィードバック

MySQLにCSVファイルをインポートする際にはLOAD DATA INFILE構文を使います。
とあるシステムのテーブルにCSVファイルをインポートしたところ、なぜかシステムが正常に動作しなくなり大はまりしました。今回はそんなお話です。

続きを読む

infoScoop for Google AppsにGoogleサイトの新着情報を表示する -第2回目-

| コメントをどうぞ

前回の記事での設定でサイト内全体の新着情報をガジェットに表示できるようになりました。
今回はさらに設定を追加して、取得するコンテンツの細かな条件設定を行う方法について説明します。

RSSリーダー for Google AppsガジェットでGoogleサイトから取得するコンテンツの条件を設定するにはガジェットに設定するRSS URLにGoogleサイトAPIの各種パラメータを指定します。

指定可能なパラメータには以下のものがあります。

続きを読む

infoScoop for Google AppsにGoogleサイトの新着情報を表示する -第1回目-

| コメントをどうぞ

早速ですが、今回は我々が開発・運営を行っているポータル構築サービス「infoScoop for Google Apps」にGoogleサイトの新着情報を表示する方法について紹介してみたいと思います。

infoScoop for Google Appsとは

まず、infoScoop for Google Apps(以下、infoScoop4G)についてごく簡単に紹介させて頂きます。

みなさんよくご存じの通り、メール、カレンダー、ドライブ、サイトなど、Google Appsには多くのサービスが存在します。しかしそれぞれが独立したサービスであるため、一部のサービスのみ利用しているお客様が少なくありません。
infoScoop4GはGoogle Appsの各種サービスやその他のWebサービスを集約し、ユーザーごとに最適化されたポータルを構築するためのプラットフォームサービスです。

詳しくはサービスHPをご参照ください。

infoScoop4GにGoogleサイトの新着情報を表示する

Google Appsの各サービスはAPIにより外部アプリケーションからデータを取得できる仕組みを提供しています。infoScoop4Gでは今のところGoogleサイト専用のガジェットの提供は行われていないのですが、このAPIを利用することでGoogleサイトの新着情報をポータル上に表示することが可能です。

GoogleサイトのAPIをinfoScoop4Gで利用するためにはメニューまたはタブへのガジェット登録が必要になります。今回の説明ではタブの固定エリアにGoogleサイトの新着情報を表示する設定を例に説明します。
以下、その設定方法について手順を追って説明していきます。

続きを読む