GoogleのAPIを利用したアプリケーションをGoogle Apps Marketplace (Chrome Web Store)で公開する方法 その1

| コメントをどうぞ

Googleが公開しているアプリケーションのプラットフォームとして、
・Google Apps Marketplace(Google Apps for Work利用者向け)
・Chrome Web Store(Googleの個人アカウント向け)
があります。

現在私たちはGoogle Apps向けのポータルサービスとして、infoScoop for Google AppsをGoogle Apps Marketplaceで公開しています。
http://www.infoscoop4g.com/ja/

今回と次回の2回に分けて、GoogleのAPIを利用したアプリケーションを公開する方法を紹介します。
Google Apps Marketplaceに公開する場合もChrome Web Storeに公開する場合も、基本的な流れは同じです。
参考: https://developers.google.com/apps-marketplace/

手順

公開までの手順は大きく5つに分かれています。

  1. 利用するAPIの登録
  2. アプリケーションの開発
  3. Chrome Web Storeへの登録
  4. インストールのテスト
  5. アプリケーションの公開とレビュー申請

今回は1と2の手順です。

事前準備

32×32、48×48、96×96、128×128ピクセルのアイコン画像を用意します。

1. 利用するAPIの登録

任意のGoogleアカウントにログインして以下のURLにアクセスします。
https://console.developers.google.com/project

プロジェクトの作成

「プロジェクトを作成」をクリックします。
任意のプロジェクト名を入力して「作成」をクリックします。
20~30秒くらいで作成が完了して、プロジェクトダッシュボードが開きます。
screenshot.8

APIの設定

左のメニューから「APIと認証」の「API」をクリックします。
Google Apps Marketplace SDKと必要なAPIをOKに変更します。

Google Apps Marketplace SDKの設定をクリックします。
screenshot.5

「以前のコンソール」をクリックすると、別タブが開きます。
screenshot.6

アプリケーションに関する情報を入力して「Save changes」をクリックします。
screenshot.7

認証情報の設定

Developers Consoleのページに戻ります。
左のメニューから「APIと認証」の「認証情報」をクリックします。

「新しいクライアントIDを作成」をクリックします。
screenshot.2

ウェブアプリケーションにチェックして「同意画面を設定」をクリックします。
screenshot.4

メールアドレスを入力して「保存」をクリックします。

もう一度左のメニューから「APIと認証」の「認証情報」をクリックして、「新しいクライアントIDを作成」をクリックします。

「サービスアカウント」にチェックして「クライアントIDを作成」をクリックします。
screenshot.1

生成されたキーをダウンロードします。
screenshot.3

2. アプリケーションの開発

GoogleのAPIを利用したアプリケーションの開発を行います。
https://developers.google.com/google-apps/

認証情報の設定で、
・ウェブアプリケーション
・サービスアカウント
の2つのクライアントIDを作成しましたが、それぞれ以下のように使い分けをしています。

ウェブアプリケーション:
 Googleにログイン中のアカウントの情報(ドメイン情報など)を取得する
サービスアカウント:
 管理者になり代わってデータの取得を行う(個々のユーザーのデータアクセスの許可は不要)
 
アプリケーションの開発時にはそれぞれ以下の情報が必要になります。

  • ウェブアプリケーション
    • クライアントID
    • クライアントシークレット
  • サービスアカウント
    • メールアドレス
    • ダウンロードしたp12ファイル

次回は3~5の手順を紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>