EclipseのTomcat Loaderで各種ログファイルを出力する

| コメントをどうぞ

EclipseでWebアプリケーションを開発する際、Tomcat Loaderを利用しているのですが、デフォルトの設定ではTomcatの各種ログファイルが出力されません。

普段はあまり問題にならないのですが、デバッグの際にログファイルが必要になることがあります。
今回はEclipseからTomcatを起動する際のログ出力設定についてご紹介します。・・・と言うか自分の備忘録ですが・・・

まず、Eclipseのメニューから[ウィンドウ|設定]を開きます。

blog-201409-01

設定ダイアログが開いたら[Tomcat|JVM設定]を選択します。

blog-201409-02

ダイアログ右部の[JVM パラメーターへ追加]欄から[追加]ボタンをクリックします。

blog-201409-03

表示されたダイアログに以下の値を入力します。

-Djava.util.logging.manager=org.apache.juli.ClassLoaderLogManager -Djava.util.logging.config.file="%CATALINA_BASE%/conf/logging.properties"

※ %CATALINA_BASE%の部分は、使用するTomcatのルートフォルダのパスを記述してください。

設定が完了したら全てのダイアログを閉じます(当然ですがキャンセルしないでください)。

以上の設定で%CATALINA_BASE%/logsフォルダ以下に各種Tomcatのログファイルが出力されるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>