Google Apps Script (Translate Service)を使ってみる

| コメントをどうぞ

昔の Google Apps Scriptを触ってみた で紹介しているGoogle Apps ScriptからTranslate Serviceを使ってみた。

Googleドライブからスプレッドシートを新規作成します。
ツールメニューからスクリプトエディタを開きます。
空のプロジェクトを開き、以下のソースを貼り付けます。

function ja2en() {
  translate('ja', 'en');
}

function en2ja() {
  translate('en', 'ja');
}

function translate(from, to) {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  var range = sheet.getActiveRange();
  for (var i=0; i<range.getHeight(); i++) {
    var val = range.getValues()[i][0];
    var en = LanguageApp.translate(val, from, to);
    var dst = sheet.getRange(range.getRow()+i, range.getColumn()+1);
    dst.setValue(en);
  }
}

function onOpen() {
  var menuitems = [
    {name:'日本語→英語', functionName:'ja2en'},
    {name:'英語→日本語', functionName:'en2ja'}
  ];
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  sheet.addMenu('★', menuitems);
}

名前をつけて保存し、開き直すとヘルプメニューの隣に★メニューが追加されます。
適当な単語を日本語で縦に入力し、縦に選択し、★メニューの「日本語→英語」を選ぶと・・・
gas-translate1

上から順番に右隣に英訳されていきます。
gas-translate2

同様に「英語→日本語」も和訳されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>