Synchi – WordPressの秀逸エディタプラグイン

| 1件のフィードバック

最近WordPressを使用しています。

デフォルトのテキスト(HTML)エディタは少し使いづらいです。
不満点は

  • コードがハイライトされないこと
  • Tabキーでインデント操作ができないこと

これらを解消できるエディタがあったので、ご紹介です。

Synchi

いくつか試しましたが、結果的に一番良かったのはこのプラグイン。


このプラグインのいいところは、

  • コードがハイライトされる
  • Tabキーでインデント操作ができる
  • 投稿、固定ページ、プラグイン編集、テーマ編集、全てのHTMLエディタで利用が可能
  • 保存時に余計なAuto formatなどをしない

逆にちょっと惜しいところは、

  • デフォルトエディタで使用できるコード挿入機能がなくなる

ところくらいでしょうか。私はそれほど気になりませんでした。

実際のエディタの画面

固定ページ編集時の画面は以下のような感じです。
見やすくコードがハイライトされます。

wordpress-synchi-page-editor

テーマ編集画面は以下のような感じです。

wordpress-synchi-theme-editor

テーマ編集で主に私が良いと思った点は、

  • Ctrl+Sで保存可能
  • タブで複数のファイルを表示できる
  • 右パネルでツリーからファイルを選択可能
  • ファイルの新規作成もできる

などです。
linuxなどにインストールして、サーバーに配置したテーマのテンプレートファイルをちょっと変更したい、などという時に結構便利だと思います。

設定

プラグインについて、いくつか設定が可能です。
左メニューの[設定]>[Synchi]へ進むと

wordpress-synchi-settings

設定画面が開きます。

wordpress-synchi-settings-page

設定により、投稿、プラグイン編集、テーマ編集など個別にSynchiエディタのON/OFFを制御できます。
また、フォントサイズ、Tabキーでインデントするかどうか、その時のサイズなども選択できます。
設定項目は多すぎず、少なすぎず、必要十分だと思います。

日本語での紹介記事は見つけなかったものの、★での評価は5に近く、高い評価を受けています。WordPressでエディタに不満を持っている方は一度利用してみてはいかがでしょうか。

ちなみに・・・他のエディタと比較

ちなみに他の試したエディタでボツになった理由を添えておきます。

Advanced Code Editor

これはよさそうでしたが、テーマとプラグイン編集に限ってのエディタだったので選定しませんでした。どうせなら投稿や固定ページのHTMLエディタでも使用したかったのです。

HTML Editor Syntax Highlighter

こちらは逆に投稿と固定ページに限ってコードをハイライトしてくれるエディタでした。

他、記録に残すのを忘れてしまいましたが、HTMLエディタの画面で記事や固定ページを保存するとインデントが消えてしまうプラグインもありました。

色々試した中で、Synchiは投稿やテーマなど全ての編集画面で使用できること、エディタの動作がシンプルで快適、設定項目がシンプルな点が気に入りました。

Synchi – WordPressの秀逸エディタプラグイン」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: WordPressのテキスト編集でタブを入れられるプラグイン | soli

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>