Amazon SESの送信制限を解除する(SandBoxの外へ移動する)

| コメントをどうぞ

所用で Amazon SES を使う機会があり、送信制限解除について調べました。

最近になって申請フォーマットが変わったという話も聞くので、参考までにメモしておきます。

目的

Amazon SES は最初は SandBox 上で動作しており、以下の送信制限がある。

  • 事前に登録したメルアド以外には送信できない
  • 1日当たり200通までしか送信できない
  • 1秒当たり1通までしか送信できない

本運用開始にあたり、この制限を解除したい。

手順

AWSのマネジメントコンソールにログインし、以下のURLへ移動。

http://aws.amazon.com/ses/extendedaccessrequest/

以下のフォームが表示されます。

aws_increase_request

 

  1. CC
    この申請に関する通知のCCを送るメールアドレス。IAMユーザーでは必須。
  2. 内容
    「サービス制限の増加」のままでOK。
  3. 制限タイプ
    「SES送信制限」のままでOK。
  4. リクエスト1
    リージョンを選択し、増加を希望する制限項目を選択する。
    「希望する一日あたりの送信クォータ」は、24 時間当たりに送信できる E メールの最大数。
    「希望する最大送信レート」は、1 秒当たりにアカウントから受け付ける E メールの最大数。
    SandBoxよりは大きくしておきましょう。
  5. メールの種類
    メールの用途を「取引」「システム通知」「サブスクリプション」「マーケティング」「その他」から選択。
    素直に用途を書きます。
  6. ウェブサイトのURL
    任意です。
  7. 私はAWSサービス利用規約と AUP に準拠してメールを送信します
    「はい」にします。「いいえ」だと多分通りません。
  8. 私は明確にリクエストされた受信者にのみメールを送信します
    「はい」にします。「いいえ」だと多分通りません。
  9. バウンスや苦情を処理するプロセスがあります
    「はい」にします。「いいえ」だと多分通りません。
  10. 申請理由の説明
    申請理由をしっかり書きましょう。

以上を入力し終えたら、[送信]をクリックします。

これで1~2日ほどで承認メールが届くと思われます。SandBoxモードは解除され、任意の宛先にメールを送信することができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>