使用頻度の高そうなMarkdownの記法

| 2件の返信

Markdownの記法についてよく使いそうなものをリストしました。(GitHubのWikiで表示確認しました。)

ヘディング

「#」の数 = レベル。GitHubではHTMLのヘディングタグと同様にレベル6まで表示された。

# 見出し(レベル1)

見出し(レベル1)

## 見出し(レベル2)

見出し(レベル2)

### 見出し(レベル3)

見出し(レベル3)

ヘディング(その他)

「=」と「-」の数はいくつでもいいのだろうか。

見出し(レベル1)
==

見出し(レベル1)

見出し(レベル2)

見出し(レベル2)

文字強調(斜体)

テキストの前後にシンタックスを1個ずつ付ける。

以下 *斜体* 部分を変更して下さい。
以下 _斜体_ 部分を変更して下さい。
以下 斜体 部分を変更して下さい。
以下 斜体 部分を変更して下さい。

文字強調(太字)

テキストの前後にシンタックスを2個ずつ付ける。

以下 **太字** 部分を変更して下さい。
以下 __太字__ 部分を変更して下さい。
以下 太字 部分を変更して下さい。
以下 太字 部分を変更して下さい。

文字強調(斜体かつ太字)

テキストの前後にシンタックスを3個ずつ付ける。

以下 ***斜体太字*** 部分を変更して下さい。
以下 ___斜体太字___ 部分を変更して下さい。
以下 斜体太字 部分を変更して下さい。
以下 斜体太字 部分を変更して下さい。

改段落と改行

改行したい場合は文末にスペース2個を挿入。
改段落したい場合は空行を挿入。

順序無しリスト

「*」、「+」、「-」が使用可能。

* リスト
* リスト
  + リスト
  + リスト
    - リスト
    - リスト
  • リスト
  • リスト
    • リスト
    • リスト
      • リスト
      • リスト

順序付きリスト

「1. 」だけで自動採番してくれる模様。

1. リスト
1. リスト
  1. リスト
  1. リスト
    1. リスト
    1. リスト
  1. リスト
  2. リスト
    1. リスト
    2. リスト
      1. リスト
      2. リスト

リンク

書式:リンクテキスト

infoScoopは[株式会社 ビーコン インフォメーション テクノロジー](http://www.beacon-it.co.jp)の商標です。

infoScoopは株式会社 ビーコン インフォメーション テクノロジーの商標です。

リンク(タイトル付き)

書式:リンクテキスト

HTMLタグのtitle属性付きリンクのようになる。

infoScoopは[株式会社 ビーコン インフォメーション テクノロジー](http://www.beacon-it.co.jp "株式会社 ビーコン インフォメーション テクノロジー")の商標です。

infoScoopは株式会社 ビーコン インフォメーション テクノロジーの商標です。

リンク(参照)

ページ内のどこかに「[リンクid]: URL “タイトル”」と記述し、(以下は例)

[1]: http://www.beacon-it.co.jp "株式会社 ビーコン インフォメーション テクノロジー"
[id]: http://www.infoscoop.org "infoScoop"

「[リンクテキスト][リンクid]」で参照できる。(以下も例)

●[infoScoop][1]は、[株式会社 ビーコン インフォメーション テクノロジー][id]の商標です。

infoScoopは、株式会社 ビーコン インフォメーション テクノロジーの商標です。

Wiki内の他のページへのリンク

書式:[[ページ名]]

画像

書式:代替テキスト

![infoScoopロゴ](http://www.infoscoop.org/templates/kodadesign/images/infoscoop_oss_logo2.gif)

infoScoopロゴ

水平線

「*」か「-」か「_」が使えて、書き方も複数ある。シンタックスは最低3つは必要か?

***
---
___

記号の間にスペースを入れたもの。これも記号は3つ以上書いてもOKの模様。

* * *
- - -
_ _ _

コード(インライン)

コードを「」で囲む。
<pre>Cの場合は
printf(“Hello, world!”);` でコンソール出力可能。

Cの場合は printf("Hello, world!"); でコンソール出力可能。

コード(複数行)

複数行におよぶコードは「」で囲む。
最初の「
」の後にコードの言語名を付けておくとそのコードだと解釈してくれる。

Java
public class Main {
    public static void main(String[] args) {
        System.out.println("Hello, world!");
    }
}

引用

引用文の前に「>」を付ける。
改段落するまで(空行を入れるまで)引用文と解釈される。

> infoScoopとは、OpenSocial対応の企業情報ポータルです。
現在はEnterprise版、オープンソース版、SaaS版の3つのラインナップで展開しています。

(自分はエディタで改行ごとに文の頭に「>」を付けて記述したい。)

> infoScoopとは、OpenSocial対応の企業情報ポータルです。
> 現在はEnterprise版、オープンソース版、SaaS版の3つのラインナップで展開しています。

入れ子も可能。

> infoScoopとは、OpenSocial対応の企業情報ポータルです。
> 現在はEnterprise版、オープンソース版、SaaS版の3つのラインナップで展開しています。
>> このブログでは、infoScoopの開発者が最新ニュースや技術ネタまで幅広い情報を皆さんにお届けしていきます。

infoScoopとは、OpenSocial対応の企業情報ポータルです。
現在はEnterprise版、オープンソース版、SaaS版の3つのラインナップで展開しています。

このブログでは、infoScoopの開発者が最新ニュースや技術ネタまで幅広い情報を皆さんにお届けしていきます。

テーブル

|Name      |Point|Required|
|:---------|----:|:------:|
|Java      |150  |true    |
|C         |70   |false   |
|JavaScript|70   |false   |
|HTML      |120  |true    |

1行目:ヘッダ。
2行目:その列のセル内テキスト位置の指定。「:」が左ならば左寄せ、右なら右寄せ、両端にあるなら中央。
3行目以降:カラム。

各カラムは「|」で囲む。(2行目のハイフンの最低数は不明。)
上記例では見やすいように整形したが、各カラムを「|」で囲めばよい。(2行目のハイフンの最低数は不明。)

| Name | Point | Required |
|:-----|------:|:--------:|
| Java | 150 | true |
| C | 70 | false |
| JavaScript | 70 | false |
| HTML | 120 | true |

初めてブログを書きました。書きながらこのブログもMarkdownで記述できればいいのに、と思いました。

使用頻度の高そうなMarkdownの記法」への2件のフィードバック

  1. Takuya Yasuhara

    iOS用の日記アプリにDayOneというのがあります。
    インターフェースがよく、デバイスを選ばず使えるのが気に入っています。
    もう一つ気にってるのが、今回のMarkdownの記法です。
    ちょっとしたテーブルも表記できてとても便利ですね。
    DayOneのMarkdown参照のURLは下記のとおりです。

    https://dayone.zendesk.com/hc/en-us/articles/200265094-Markdown-Guide

    返信
    1. ishizuka78

      こんなアプリがもう20年早くあれば夏休みの宿題は苦労せずに済んだかもしれません。
      自分は文章を書くのが苦手なのですが、Markdownだと自然と見やすい文章が書けるような気がしました。
      (まさかこんな簡単にテーブル表記できるとは…)

      コメントありがとうございました。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>